グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  事業案内 >  ISO22000・HACCP

ISO22000・HACCP



ISO22000

すべての商品を食品を扱うように管理する

遠州運輸株式会社及び、遠州物流株式会社は、食品安全が近年の最重要課題の一つであることを認識し、食品安全輸送という面でお客様に安全・安心をお届けし、次の食品安全方針を明確にし、文書化し、確実に実行・行動します。

■食品安全方針

当社はトラックにより全国に商品を輸送する企業として次の通り行動方針を定める。

  1. お客様の高品質かつ、安全で安心な商品を、お客様の立場に立ち、保管し、輸送を確実に提供し、安心・安全を運びます。
  2. ISO22000に基づいた食品安全マネジメントシステムを構築し、維持し、継続的改善に努めます。
  3. 全従業員に法令及び、お客様の欲求事項に基づく衛生管理の重要性を認識させ、食品安全に関する知識・教育の向上を図ります。
  4. 定期的な内部監査及び、マネジメントレビューにより活動内容の見直しを行います。
  5. 常にスピーディーな対応、そして笑顔を絶やさず、お客様に気遣い・心遣いができるよう、社内外のコミュニケーションを取り、必ず実行します。
  6. 食品安全目的・及び目標は、毎年見直しし、継続的な改善及び、維持します。

■ISO22000とは

消費者への安全な食品提供を可能にする食品安全マネジメントシステムの国際規格です。
食品業界では近年ISO22000やFSSC22000の認証取得に取り組む工場が増えてきました。
食品業界に限らず、食品業界では、安心・安全を求める消費者の声が高まってきています。これに応えるためには、従来までの県内産ならなんとなく安心というような感覚による安心ではなく、化学的な根拠と適切な衛生管理による安全に裏付けられた安心を求められるようになってきたからです。
当社では、このような食品業界を取り巻く環境の変化に対応するため、化学的な根拠に基づいた衛生管理プログラムや、万一の事故発生してもトレーサビリティシステムと商品回収プログラムによって迅速に対応できる体制を整備しました。
商品の安全の維持だけではなく、安心を届けることで食品業界に貢献したいと考えています。
 

ISO22000を取得した理由

当社は、運送業界では珍しいISO22000を認証取得しています。
食品マネジメントシステムを導入した理由は「すべての商品を食品を扱うように管理する」ためです。

エアシャワー・シートシャッターでごみやホコリを排除します。

⑴安全・安心をお届けする責任
安全・安心な食品を消費者が手にするには、生産者・食品製造メーカーはもちろんですが、私たち物流業が担う役割も小さくはありません。
当社では、食品工場からお預かりしている大切な商品を、衛生管理の行き届いた倉庫で保管し、工場出荷時の品質を維持して指定された場所へ届けることで、物流業が果たすべき役割を担っていきます。
 
⑵輸送部門としての貢献
安全・安心を求める消費者の声が高まっていると同時に、食品業界では近年ISO22000の認証取得に取り組む工場が増えてきました。商品の安全の維持だけでなく、安心を届けることで食品業界に貢献したいと考えています。
 

⑶コスト面での貢献
静岡県内の多くの食品工場は異物の混入や菌の付着・増殖がないように衛生管理体制を整えていますが、工場から出荷後は直接管理する事はできません。
また、平常時と繁忙期の生産量の差が大きいため、シーズン中は商品を保管する倉庫が不足します。
このような特性のある業界へ、食品工場と同じレベルの衛生管理水準で輸送や保管が出来る物流サービスを提供し、出荷後の商品管理の負担を軽減していきます。
 
⑷地元繁栄への貢献
静岡県は日本有数のお茶の産地であり、茶業界の振興は地域の発展に欠かせません。
しかし、近年は他産地だけではなく、海外の産地との競争が激しくなってきました。このような中、消費者に選ばれるためには、静岡県のお茶=安全・安心というブランドを確立する必要があります。
当社ではフードチェーンの一翼を担うことで安全・安心な静岡茶ブランドの構築に貢献したいと思っています。

HACCP

HACCPシステムは、主に食品製造過程で使われるシステムですが、当社ではHACCPや衛生管理の特性を応用して、リスク管理や清潔な車両の維持に活用し、ドライバーの意識の向上にも使用しています。
 

■HACCPシステムの応用

⑴ハザード分析によるリスクマネジメント
HACCPシステムの危害分析を応用することで工程ごとの商品に対する危害、事故発生の要因を抽出し、リスクマネジメントを行っています。

⑵重要管理点
商品保管温度の条件維持など、重要な管理点を適切に維持し、記録を保持することで適切な温度管理を証明できます。
⑶トレーサビリティシステム
いつ商品を受け入れ、どこに運んだかを記録保管することで、万一商品に事故が発生した場合でも追跡調査できる体制を構築しています。
 

■衛生管理システムの応用

⑴ドライバーのマナー
ドライバーは、清潔感のある身だしなみを維持するだけでなく、安心して商品を預けられるようにマナーを守ります。
また、ドライバーの人柄を高めるため、安心して働ける職場を提供し、スキルアップを援助します。
 

⑵清潔な車両
食品製造業にとっての向上や倉庫と同様に、トラック、コンテナを清潔に維持するための清掃基準を遵守します。
 

■改善活動によるさらなるサービスの向上

食品製造業に求められる基準は年々高くなっています。
当社では、商品の状態を監視し、表示ラベルの貼り忘れなど、作業中に発見した異常を伝えるなど、サービスの付加価値を高めることに尽力します。